交通事故によるムチウチ等の症状で首の痛みが出た場合、必ず病院(整形外科など)を受診されることをお勧めします。整形外科というのは、骨折や外傷などを中心に扱うための病院です。レントゲンを撮って、骨折や脱臼、血管の破裂といった外傷性の異常などを発見します。しかし、レントゲンでは、筋肉の収縮や内臓の緊張までは映し出されませんから「安静にして」などと湿布を処方されたり、牽引を行うといった理学療法が施されます。 しかし、これらの施術は、筋肉、筋膜、骨格、血流、内臓など、それぞれのつながりを考慮したものではありません。骨折や外傷などが痛みの原因でない場合には、痛み止めで一時的に症状は緩和されますが、その後再発する方が多くなります。痛み止めは症状を治すための薬ではなく、痛みをやわらげつつ身体が自然に治癒するのを待つ、というスタンスの処置なのです。それゆえ、福島区あおき鍼灸整骨院では、痛みや不調の根本である背骨や筋肉のねじれが正されない限り、いくら痛み止めを飲みながら自然治癒を待っていても、根本的な治癒は望めないと考えています。交通事故後のムチウチ症などの症状でお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。