①警察に連絡

車を路側帯など、安全な場所に止めて二次被害を防ぎ、怪我人がいるかどうかを確認しましょう。 交通事故では怪我人の救護義務がありますので、怪我をしている人がいたら救急車を呼ぶなどの対応が求められます。また、警察を待ってる間に相手の運転免許証や保険などの確認を行いましょう。スマホなどで写真を保存するのも良いかと思います。

交通事故治療には警察が、発行する交通事故の証明書が必要です。示談にすると、証明書がなく自賠責保険が適用されませんので、必ず警察に届け出をおこない、交通事故の証明書をもらいましょう。

②保険会社に連絡

保険会社に連絡して病院に行きましょう。交通事故では目には見えない筋肉の損傷などで、数日後、数か月後にキツイ痛みがでる場合があります。その時、痛みが無くても、数か月後に後遺症が出ないようにするためにも、通院することをオススメします。

保険会社に連絡をしてください。入っている保険によっては、車のレッカー代が出る事もあります。また、事故後の治療の具合など頻繁に連絡をとる事になりますので、事故後にすぐ自分の状態、相手の状態、車の状態等の状況確認の知らせをしておく事をおすすめします。

③病院で診察を受ける

打撲やむち打ちがある時は、病院で診察を受けてください。事故直後、痛いところがなくても、交通事故の痛みは後からででくることがありますので念のため、病院で診察を受ける事をおすすめいたします。

交通事故で怖いのは後から痛みや、後遺症が出てくるケースです。交通事故から数年経過してもいつまでもすっきりしない、むち打ちが慢性化する場合もあります。事故後、何年も大変な思いをしない為にも不調を感じたら、大阪市福島区あおき鍼灸整骨院にご連絡ください。整骨院でも自賠責保険が適応されますので、治療費の負担はございません。あおき鍼灸整骨では、お一人お一人にあった交通事故治療をおこないますので、不調が改善されます。 事故後は体も心をビックリして、痛みを感じない事が多いのですが、後からめまいや吐き気、頭痛や体のダルサなどのむち打ち症状が出る事があります。 時間の経過と共に、骨も筋肉も衝撃を受けています。しっかりと筋緊張をとり、骨と筋肉と神経のバランスを整えることが大切です。 病院に行っても良くならないとお悩みの方はお気軽にご相談ください。

大阪市福島区 あおき鍼灸整骨院 事故したら.com http://koutuujiko-chiryou.com/clinic/12897.html