交通事故後の長引く痛みは東洋医学で施術する鍼灸整骨院が一番効果的です。

瞬間的に外から大きな力が加われば、体に不調が起こるのは当然のことです。 事故の直後は緊張や焦りもあって、痛みや不調に気が付かないこともあります。自分ではなんともないと思っていても事故に遭ったときには必ず、病院に行って検査を受けることが大切です。

軽度のむち打ち症の場合、事故の翌日、あるいは1週間ほど経ってから首や肩が痛くなってくるという場合もあります。また、事故直後に病院で検査を受けた時「異常なし」といわれたのに首や肩の痛みや重苦しさといった不調を感じるといるのもむち打ち症の特徴のひとつです。

※交通事故によるむち打ち等の症状は、自賠責保険の適用で自己負担金はございません。